30代と60代、それぞれの世代のご夫婦が同居する住まい。
最も重要なのは、長く、楽しく暮らすための、適度な親密と適度なプライバシー、言い換えれば「幸福の距離感」を構築すること。
今回S邸のテーマは、その最良のバランスを探すことでした。生活空間のすべてが独立した完全二世帯ですが、決して互いの親しさを遮断するものではなく、より良い安心な関係を長く保つための工夫です。
1Fの床は親夫婦の希望する、かば桜のムク材、2Fは息子夫婦の希望で大理石調フロア、一部外壁に新柄「エトフ」とメタリックなガルスパンが印象的な外観。そして屋上は、二世代家族が集ってバーベキューを楽しめるほど十分な広さにして「ほっとする関係を保つ」大切な空間の象徴でもあります。

名前 S邸
建築場所 富士市江尾
1階床面積 150.48㎡(45.52坪)
2階床面積 133.54㎡(40.4坪)
延床面積 294.99㎡(89.23坪)
PH階床面積 10.87㎡(3.29坪)
用途 一戸建住宅
工事種別 新築工事
構造 木造2階建
その他 指定無し