お年寄りや体の不自由な方の強い味方となるエレベーターをはじめ各所に設けた手摺りや、車椅子の使用を考慮した設定をはじめ、セキュリティまでもが、人への優しさを感じさせる明るくあたたかな三世代住宅。
開放感のある吹き抜けが象徴的なリビングダイニングは、キッチンも含め床暖房を装備し、壁に設置された大型テレビが家族の団欒に華を添えます。

リビング+ダイニング・キッチン
A邸でもっとも特徴的なのがこの空間。
広々としたダイニングはリビングを兼ね、家族が暖かく集えるよう床暖房を装備。もちろんお料理する奥様のためにキッチンも床暖房。さらに2Fの造り付けパソコンデスクからは壁に設置された大型テレビを1Fの家族ともども楽しめる。
開放感のある吹き抜け全体が寛ぎのスペースとして機能するよう設計した、その中心に、象徴的にある比叡杉のムクで手造りした大テーブルで、きっとみんなの会話が弾むはず!
「家族の団欒を何よりも大切に」との施主様のご要望へ、心からのお応えです。

子供部屋
女の子二人の部屋にふさわしく、トップライトからの光で全体がやわらかな明るさに。天井には、消灯すると星が浮かび上がるファンタジックな照明器具を採用。また、ロフトは遊び場としてはもちろん、将来衣類が増えることを想定して、パイプを設置し、ウォークインクローゼットとしての機能も持たせました。
窓には通風性を備えた雨戸を設置、夏の夜などはサッシを開放すれば涼しい夜気を取り入れることができ、ハンマーなどで叩いても割れない防犯ガラスと併せ、安全・安心もお届けします。
サッシの窓枠材をなくし、窓台カウンタ―を設置、珪藻土を塗りこむことで見た目はごくシンプルに・・・さらにサッシ周りに見切り材を取り付け、結露対策は万全!

トイレ
車椅子での使用を考慮して、広めのスペースを確保、便器はタンクレスなので動作環境はさらにアップ!しかもフタの開閉から使用後の洗浄までセンサーによってフルオート。トイレタイムも楽に快適に過ごせます。

エレベーター
ホームエレベーターは、お年寄りや体の不自由な方の強い味方であることはもちろん、2F建て、3F建てを平屋感覚で過ごせる、家族みんなの乗り物になりつつあります。簡単な操作で安全性能を備え、多階層住宅の生活を劇的に変えてくれるホームエレベーターは、長い人生を考えた時、もう贅沢品ではありません。

玄関ドア
玄関ドアのキーにはエントリーシステムを採用。扉に近づくだけで自動開錠、閉めると自動施錠が可能。体の不自由な方はもちろん、お子様からお年寄りまで使いやすく、セキュリティの面も安心。

クローゼット
家族の都合や部屋ごとの用途に合わせ、引き出し、パイプハンガー、棚板、スラックスハンガー等々・・・自由に組合せが可能なウッドワンの【e・ra・bo】を採用。
先々の生活設計やお子様の成長など、将来性も考慮した発展形の収納システムです。

洗面カウンター
ウォールナットのムク材を贅沢に使った、世界に一つのオリジナル洗面カウンター。重厚な質感が、シンプルな洗面ボールとの絶妙なコントラストを醸し出します。

玄関
意匠性にもこだわったドアが印象的な玄関フロアは、収納スペースも十分。もちろん手摺りも完備で介護も安心です。

陽射しに映える明るさと、落ち着きあるシンプルな印象を併せ持つ外観。
外壁のサイディングには話題の(※)ナノ親水マイクロガード(厚さ16mm)塗膜を採用、四方合決(しほうあいじゃくり)を施し、コーキングを排除することで、住まいとしてのフェイスにもこだわりました。

※)ナノ親水マイクロガードとは?
ナノ親水マイクロガードは、雨水が外壁の汚れを洗い流します。光触媒のように太陽光(紫外線)を長時間必要とせず、日光や場所、時間帯を選ばず常に機能を発揮し続けます。
夜や日陰部分でも気温・日照・湿度にも関係なく、100%の効果を発揮します。

名前 A邸
建築場所 富士宮市田中町
1階床面積 95.14㎡(28.78坪)
2階床面積 86.28㎡(26.1坪)
延床面積 181.42㎡(54.88坪)
用途 一戸建住宅
工事種別 新築工事
構造 木造2階建