ご主人は、木のぬくもりを生かした、暖かみのある住まいを。
奥様と息子さんは、今風のコンテンポラリーな表情を持った家を。
おじい様が気がかりだったのは、とにかく構造。
かねとはその思いを、すべて実現しました。

2F キッチン・ダイニング・リビング
1Fとほぼ同様のスペックを擁している他、床材には、ビルマチークのムク、合板ベニア、エコボード、遮音ボードと4重層で万全の防音対策とトイレ、シャワールームも完備し、プライバシーもきちんと確保された若い世代のスペース。中央にはご本人の要望で中庭を設置。アイデア次第で様々に楽しめそう。

2F 吹き抜け
ラジアーターパイン材で仕上げた天井の吹き抜け。雰囲気作りの空間にも贅と才を尽くしました。南側(右手)に自然光のそそぐ中庭を配し、開放的な共有スペースをつくっています。

1Fキッチン・ダイニング・リビング
ダイニングの天井はタモ材の目透かし、床はビルマチーク、腰壁はラジアータパインの高級感と暖かみを演出。奥の一画は収納スペースを擁し、琉球畳を敷いたこだわりのリビング。造り付けの木製テレビ台等、ちょっとした贅沢がくつろぎ感を醸し出します。

1F 和室
老夫婦の居室である和室は、洋風建築の一方で先代から受け継いだかねとの「和の技」。新モダンの新しい感覚で統一された家の中で、この一室が如何に本格的な和の技法を主張した落ち着きのある存在感に満ちているかを、ぜひ現場でご覧ください。

トレンディーな外観は、お施主様のご要望のひとつでもありました。
新モダンに対する考え方もかねとは「住まいとしての人の温もりが
伝わってくる家を建てたい」と望みます。
一時の流行に影響されず、年月と共に味わいを増す。
住まいの『顔』の在り方とはそういうものだと、かねとは考えています。

1F 浴室
浴室から直接外へ出られる、木調の囲い壁に囲まれた、すのこ敷きの小さなスペース。湯上りに涼むも良し、花木を飾り湯殿から眺めるも良し、お風呂が極上の癒し空間に…

名前 W邸
建築場所 富士川町北松野
1階床面積 125.82㎡(38.06坪)
2階床面積 108.66㎡(32.87坪)
延床面積 234.48㎡(70.93坪)
用途 一戸建住宅(2世帯住宅)
工事種別 新築工事
構造 木造2階建