三世帯が同居するお施主様のご希望は、大家族が寄り添って住める入母屋造りの純和風住宅でした。
お爺様から曾孫さんまで食卓を共にするほど、仲良しがご自慢のKさんご一家のご要望は、家族が集える広いリビング、人寄せも容易な二間続きの座敷など大勢で賑やかに暮らすためのもので、純和風建築は最良の選択でした。
かねと独自の技で施したむくりの曲線は、入母屋ならではの重量感を実現。
そしてもうひとつ、前の家の古い大黒柱と小黒柱、上がりかまちを新しい家に生かして使うことで、いつまでも忘れたくない想い出と一緒に暮らしていただける尊さと温かさの住まいに仕上げました。

名前 K邸
建築場所 富士市柚木
1階床面積 166.44㎡(50.35坪)
2階床面積 102.95㎡(31.14坪)
延床面積 269.39㎡(81.49坪)
工事種別 新築工事
構造 木造2階建