制約のある狭い土地に広い生活空間と満足の収納スペースを。
一見相反するこの要望を、かねと建設は技とアイディアで実現しました。
「横にではなく、縦に拡げる」という発想。この明るい開放感あるホールがどんな土地に建っているのか?
ぜひその目でサプライズをお確かめください。

1Fは汚れ防止の塗膜を施した、珪藻土に白の櫛引。2Fは
黒とシルバーのガルスパンにそれぞれに合わせて
雨樋をカラーリングした、お施主様も自慢の
スタイリッシュな外観。
また1Fに物干し場としても便利な
オープンテラスのサンデッキを装備、
狭い土地を考慮して、
お庭も充分楽しめる
スペースを屋上に
用意しました。

●寝室
縁を細くして見た目の美しさにこだわった畳と、それに合わせて色を決め、櫛引した小市松模様の塗り壁が、シックな雰囲気でしかも明るい、落ち着いたコントラストを与えています。室内に家具を置きたくないという施主様のご要望に、ウォークインクローゼットを隣接させ、収納スペースも充実。

●階段周り
「階段回りの手すりにスチールの雰囲気がほしい」お施主様の
イメージを受け、手すり子部分にスチールを、笠木にはチェルードの
材を使用し、単にソリッドでクールな無機質なものではなく、温かみを
感じさせる仕上がりを意識しました。

●リビング・ダイニングキッチン
高嶺の花だったオープンキッチンを、業界でいち早くコストパフォーマンスしたクリナップ〈ラクエラ〉を採用、奥様憧れのキッチンを低価格で実現しました。床はアジアンウォールナットのムク材、壁は珪藻土の櫛引、お施主様希望の桁には美観を意識して節無しのピーラ材を使用、家族が集う空間だからこその居心地の良さを重視した意匠です。

●玄関
夫婦に子供が三人、履物などの数を考えると乱雑になりやすい玄関に、広いスペースとたっぷりの収納棚を備えた、ウォークインクロークを併設。玄関はいつもスッキリ!

●蔵まかせ(大容量収納空間)
今回の家のテーマである、敷地面積の制限に対する頼もしい回答がこのスペース。建築基準法をフルに活用した天井高1.4M以下の納戸は充分すぎるほどの大容量(16帖分)。床下や天井裏の収納とは違い、作業も楽々です。

●子供部屋
「ロフトで寝るのが夢」お子様希望の2部屋を最上階に設置。それぞれ男の子はブラウン、女の子はホワイトでカラーリングを統一。どんなステキな夢を見てくれるでしょう?

●2F洗面台
個性あふれる信楽焼きの洗面ボールを選ばれたお施主様のこだわりに、木目も美しい重量感あるタモのムク材を使用した受け台でお応えしました。単なる洗面台ではなく、オブジェとして楽しめる空間です。

名前 K邸
建築場所 富士市富士川町
1階床面積 87.77㎡(26.55坪)
2階床面積 72.87㎡(22.04坪)
3階床面積 3.31㎡(1坪)
延床面積 163.95㎡(49.59坪)
用途 一戸建住宅
工事種別 新築工事
構造 木造2階建
その他 指定無し